魚がきっと好きになる新キット発売「おうちで かまぼこ てづくり たいけん」

ご家庭で簡単にかまぼこを作ることのできるキットができました。

お水と混ぜるだけですり身になる「万能すりみパウダー」に、レシピと星形の型抜きが入った詰め合わせです。鈴廣かまぼこの里にあるかまぼこ博物館とオンラインショップで販売しております。税込価格1,100円。

おうちで かまぼこ てづくり たいけん

おうちで かまぼこ てづくり たいけん

万能すりみパウダーとは

鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。
生すり身を揚げれば“さつま揚げ“や”おでん種“に、茹でれはお碗種に、焼けば”竹輪“に、甘く卵焼きにすれば”伊達巻“にと、様々な用途にお使いください。

魚を食べよう!自分で作ったものはとても美味しい。

すり身はお魚からできているため、良質なタンパク質が豊富です。お魚が少し苦手なお子様も自分が作ったかまぼこなら、きっと夢中に食べてくれるはず。
すり身は粘土のように成形できます。型抜きを使ったり、手でお子様の好きな動物や乗り物の形にしたりと、工作感覚でお料理してください。

お野菜をすりおろしたものや茹でたものを一緒に混ぜれば、野菜たっぷりのかまぼこにもなります。別の記事にて詳しくレシピ「かまぼこすいぞくかん」を紹介しています。

【基本レシピ】 揚げたて最高「ヒトデくん 揚げかま」

材料

万能すりみパウダー 50g
・水 200㏄
・砂糖 3g
・揚げ油 適量

作り方

①ビニール袋の中に万能すりみパウダー、水、砂糖を加える。

②①に空気が入るように絞り、上下に30から40回振る。

③②の空気を抜き、手のひらに押し付けるようにもむ。粉っぽさがなくなり、滑らかになれば生すり身の出来上がり。

出来たての生すり身は下の写真の通り、なめらか。

*ビニール袋を使わず作ることもできます。ボールに水を入れ、万能すりみパウダーと砂糖を加えてヘラで1~2分混ぜてください。
*すり身は質が変わりやすいため保存はできません。すり身になり次第加熱してください。

④ビニール袋の角を2㎝くらい切り、軽く濡らしたクッキングシートの上に絞り出す。

⑤濡らした手やゴムベラで、すり身が1.5㎝くらいの厚さになるようにならす。濡らした抜型で形をとる。*調理器具を濡らすと、すり身がくっつきません。

⑥4分程度揚げます。145度で揚げると白く、175度で揚げると茶色に揚がります。*かまぼこの中がしっかり白くなるまで火を通してください。

揚げたての「ヒトデくん あげかま」はジューシーで香ばしくぷりっぷり。お子さまはもちろん、ご家族もお酒のおつまみとして盛り上がること間違いなしです。
お正月のお雑煮には松竹梅の型抜きを使ったり、七夕には星形にしたり、親子の楽しい時間にお役立てください。

Photos by Hiyori Ikai , Movie by Koki Urano , Written by Kaeko Liff

「すいぞくかん」編はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories