万能すりみパウダーで「タンパク質たっぷり海鮮チヂミ」

おうちで簡単に白身魚のすり身が作れる「万能すりみパウダー」。
お好み焼きチヂミなどの粉もの料理の小麦粉の一部や全てを「万能すりみパウダー」にすると、旨みも弾力も増すことに加え、お魚たんぱくもたっぷり摂ることができます。

一袋50gでお魚たんぱく質28.9グラム「万能すりみパウダー」

万能すりみパウダーは、鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。

一袋50gには必須アミノ酸がすべて揃った良質なタンパク質が28.9グラムも含まれています。タンパク質は筋肉や臓器、皮膚や毛髪、さらに免疫細胞の材料となる大切な栄養素。必要な量をしっかりと摂りましょう。(※魚肉タンパクの特徴についてはこちらの記事も)

「すりみパウダー」はこちら

レシピ「タンパク質たっぷり海鮮チヂミ」

材料

・「万能すりみパウダー」  50g
・水            300cc(すりみ作りに200cc、その後生地に100cc使います)
・小麦粉          50g
・ニラ           1束
・玉ねぎ          1個
・人参           1本
・桜えび         適量
・ごま油         大さじ1

<たれ>
・白いりごま       適量
・韓国風タレ(市販のタレでも可能)
  醤油     大さじ1
  酢      大さじ1
  砂糖     小さじ1
    ごま油    小さじ1
    コチュジャン お好み

作り方

①  ボウルに水200ccを入れ、そのあと万能すりみパウダー50gを加えてよく混ぜる
すりみパウダー

②ダ マが無く、しっかりした弾力がでるまで混ぜる
万能すりみパウダーと水を軽く混ぜた後1分ほど待つと、パウダーが水分を吸って混ぜやすくなります。
すりみパウダー2

③ 次に小麦粉50gを水100ccで溶き、②のすりみに加えて混ぜる

④ 切った玉ねぎ、ニラ、人参と桜エビを加えて混ぜる

⑤ フライパンにごま油を引き、④を丸く入れて平たくし、両面を焼く

⑥ 醤油と酢、砂糖、ごま油(お好みでコチュジャン)を混ぜ、韓国風タレをつくり添える。チヂミを皿に盛り完成

おうち晩酌には「箱根ピルス」も

「海鮮チヂミ」のペアリングには箱根ビール「箱根ピルス」をどうぞ。箱根富士丹沢山系の伏流水で仕込んでおり、魚介やかまぼこに合うように香りも苦みもバランスよく仕上げています。喉越しのあとの余韻もお楽しみください。
「国際ビール大賞」「アジア・ビアカップ」で幾度となく金賞を受賞、また国内外のクラフトビールが集まる「JAPAN BREWERS CUP」でもピルスナー部門堂々の1位に選出されました。

Photos by Hiyori Ikai, Recipe by Hirozumi Ogawa, Written by Kaeko Liff

「箱根ビール」はこちら

関連商品はこちら

こちらの記事もおすすめ

Categories