敬老の日に家族でいっしょに作ろう!おすすめのレシピ

今年の敬老の日は、一緒に暮らすおじいちゃん、おばあちゃんといっしょにご馳走を作ってお祝いしてみてはいかがでしょうか。華やかに楽しむ一味違うおつまみやレシピをご紹介します。

ワインや日本酒に合うオードブル

敬老の日は、おじいちゃんやおばあちゃんに「いつもありがとう。いつまでも元気でいてね!」の気持ちを伝える大切な日。
親子3世代で食卓を囲んで家族団らん。ゆっくり話すにはとても良い機会ですね。
会話を楽しみたいから、簡単で美味しくおしゃれなメニューを取り入れたい。そんなときにオススメなのが『海山のおーどぶる』です。

豊かな香りと自然由来の美しい彩りが、いつものお皿に盛り付けるだけで簡単にオードブルやアペタイザーになります。
洋の「グランシェフ」にはワインを。和の「板前ちんみ」には日本酒を。海山のおーどぶるは、切るだけでちょっぴり贅沢なおつまみのできあがりです。
魚のすり身が主原料なため、ヘルシーなのも喜ばれるポイントです。

メインにもなる”あげかまピザ”

みんなが大好きなピザ。いつものピザ生地の代わりに鈴廣のあげかまを使ってヘルシーにアレンジしてみてはいかがでしょう。
炙ると香ばしさが出て美味しいあげかまは、チーズとの相性抜群です。しかも簡単に作れるからうれしい。

作り方

1)あげかまを1種類ずつそれぞれ半分にスライスする。
2)ピーマンの種を取り除き、輪切りにする。
3)パプリカの種を取り除き、角切りにする。
4)あげかまの上に・とピザ用チーズをのせて、オーブンで3分位トロッと溶けて焦げ目がつくまで焼く。
5)レタスやプチトマトと一緒に飾ってできあがり

デザートには伊達巻を使ったスイーツを!

デザートには、普段とは一味違う伊達巻きを使ったデザートにしてみてはいかがでしょうか。伊達巻きスウィーツは、鈴廣が運営する『かまぼこの里』にあるビュッフェレストラン『えれんなごっそ』でも提供している大変人気のあるデザートです。

作り方は簡単、伊達巻きを切って、その上にジャム・フルーツソースをかけるだけ。驚かれる方もいるかもしれませんが、伊達巻きがとても美味しいデザートになります。もともと伊達巻はカステラのような甘みがあるため、お魚の塩気とあいまって甘しょっぱいスイーツとしてお楽しみいただけます。

伊達巻スイーツはこちら

いつまでもお元気でとの思いを込めた贈り物

敬老の日特集はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories