お花見のおつまみにおすすめの食べ物特集

桜が咲く季節になるとお酒や食べ物を持ち寄って、桜の木の下で宴会をする。「お花見」という風習は平安時代の頃からあったそうです。今も昔も、日本人は美しい桜を愛でて、みんなで楽しんでいたんですね。美しい桜を愛でながら、気の合う人たちと美味しいものを食べる、、、とても幸せな時間です。今回は、仲間と一緒にお花見をするときに、持っていくと喜ばれる手土産についてご紹介します!

お花見にしながらみんなで食べるプチかま

会社の同僚たちと、友達と、みんなで盛り上がるお花見には、シェアできてみんなで楽しめる食べ物があると便利ですよね、そんなときには、プチかまがおすすめです。プチかまは個包装で配りやすいだけでなく、魚の旨味とチーズの味がどんなお酒にもよく合います。ちょっと小腹がすいた時や、お酒のお供にぜひご利用下さい。

「ぷちかま」の商品一覧はこちら

少し炙って香ばしい香りを楽しむ

少し肌寒くなってきたら熱燗と一緒に、少し炙ったあげかまがおすすめ。
鈴廣のあげかまは少し炙ると、より香ばしい香りを楽しむことが出来ます。
七輪やカセットコンロに網を載せて軽く炙った後、生姜醤油をつければ絶品の美味しさになります。ぜひお試しください。

「あげかま竹皮包」の商品詳細はこちら

日本酒と一緒に!切れてる板わさ

お花見のときに飲む日本酒を「花見酒」と言うそうです。俳句では春の季語になっているほど、日本人は花見のときには日本酒を飲んでいました。やっぱりお花見には日本酒!という方におすすめしたいのが「切れてる板わさ」。鈴廣がお勧めする「かまぼこのおいしい厚さ」12ミリに切れているかまぼこです。板についていながら切れているので、包丁でカットする手間がなく楊枝で板からはがすことが出来ます。日本酒とも相性抜群の板わさ、花見酒のお供におすすめの商品です。

「切れてる板わさセット」の商品詳細はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories