究極のお餅×鈴廣かまぼこの「かまぼこピンチョス」料理研究家 河瀬璃菜のレシピ3選

かまぼこピンチョスは、手巻き寿司のように、かまぼこにさまざまな食料をのせたり、挟んだりして、自分の好きな味にアレンジするものです。コロナ禍で家にいる時間が長くなっている今こそ、ご家庭で「かまぼこのピンチョス」を体験していただきたいとの想いから、料理研究家として多方面でご活躍の河瀬璃菜さんに親子で楽しめる「かまぼこピンチョス」のレシピを考えて頂きました。また、コラボレーション食材として、お餅をチョイス。お餅の国内メーカーTHE OMOCHさんご協力のもと、究極のお餅×かまぼこの「かまぼこピンチョス」をご提案します。

料理研究家の河瀬さんが考える楽しい!「かまぼこピンチョス」とは?

良質なたんぱく質であるかまぼこをベースに、色とりどりのお野菜をプラスすることによって、栄養バランスもよく、見た目も可愛いピンチョスを簡単につくることができます。
かまぼこを切って、様々な食材と組み合わせて、ピンで挟むだけなので、とても簡単です。ホームパーティでのおもてなしのほか、華やかなお弁当の一品に、おやつやおつまみにと、「かまぼこピンチョス」の組み合わせは無限にあります。今回は、ご家庭でお子様と一緒にピンに刺して(気を付けつつ)、お好みのピンチョスをつくる楽しさをご提案しました。「かまぼこピンチョス」は自由です。好きな食材と好きなソースを組み合わせて、ピンチョスパーティを楽しんでください。

コラボ食材は、お餅業界の金字塔!THE OMOCHIの究極のお餅

日本人は、古くからお餅をハレの日に欠かさず食べてきました。 出産、人生の門出、お祝いなど人生の節目にお餅と日本人には深い関係があります。一方、かまぼこも同様に、縁起物として、ハレの日に食べられてきた共通点があります。「そんなお餅とかまぼこがお皿の上で一緒になったら、どんな楽しいマリアージュができるかしら!?」と、料理研究家の河瀬さんのアイディアで、THE OMOCHIのお餅とのコラボレーションが実現しました。

現代では、お餅の製造は機械化が進んでいますが、THE OMOCHIは、そんな時代に敢えて、昔ながらの釜戸と薪火で、職人が伝統の技で、餅づくりをしています。職人の手によってつくられたお餅は、高級餅という新たなジャンルを生み出し、発売当初から人気のあまり売り切れが続き、入手困難と言われているほどです。この究極のお餅と鈴廣かまぼこのコラボレーションをぜひ、お楽しみください。

料理研究家の河瀬さんが考えたお餅の「かまぼこピンチョス」レシピ3選!

■たこ×じゃがいも×お餅の「かまぼこピンチョス」
たこのプリッと食感、ほっくりとしたじゃがいも、モチッとしたお餅、ムチムチな鈴廣かまぼこと、1度で4つの食感を楽しめます。たことかまぼこは同じ海鮮類ということもあり相性は抜群です。

■たまご×さくら大根×ツナマヨ×お餅の「かまぼこピンチョス」
ソース代わりにツナマヨを使った一品。アクセントの紅大根の食感も新鮮で、お子様ウケもばっちりです。ツナマヨをまとったお餅は食べ応え十分です。魚のタンパク質が豊富な鈴廣のかまぼこは栄養も満点です。

■青じそ×なす×ベーコン×お餅の「かまぼこピンチョス」
相性抜群のなす×ベーコンの組み合わせ。なすをスライスし、お餅を包んで、ベーコンはくねくね折り曲げて、最後に青じその香りを添えてましょう。鈴廣かまぼこのプリプリ食感と夏の香りを楽しんでください。

その他のレシピはこちらから
https://theomochi.com/suzuhiro-x-omochi/

旨い餅をつくる職人の技術を次代に継承する THE OMOCHIのご紹介

選び抜かれた素材、繊細な火入れ、感覚を研ぎ澄ませた蒸かし。非効率を愛し、究極を追求する、クラフツマンシップに溢れた国内メーカーがつくるお餅。それがTHE OMCHIがつくるお餅です。天皇家や貴族が祝いの席で食したかつての究極の味を、いまだに探求し続けている。THE OMOCHIという名前には、「本物の旨い餅」という意味が込められている。その第一弾を、2019年11月6日(水)に釜戸と薪火で餅づくりに挑む笠原餅店と発表。目標は、旨い餅づくりを次代に継承すること。職人技に価値をつけ、職人が持続する価格で、本当に旨い餅をお届けすることを大切にしている。

THE OMOCHIがおすすめする商品
1.プレーン: 1,200円(税抜)
2.玄米: 1,200円(税抜)
3.海老: 1,500円(税抜)
4.くるみ: 1,400円(税抜)
5.豆: 1,400円(税抜)

THE OMOCHIの通販サイトはこちら
https://theomochi.thebase.in/

料理研究家 河瀬璃菜(かわせりな)さんのプロフィール

河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター)
1988年5月8日生まれ。福岡県出身。
レシピ開発、商品開発、食の企画やコンサル、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、料理教室など食に纏わる様々な活動をしている。
SONY XperiaのCMやKIRIN本麒麟の広告への出演などその活動は多岐に渡る。
近年では地方を元気にするための6次化商品の開発に力を入れている。

Blog: http://lineblog.me/linakawase/
Twitter:https://twitter.com/linasuke0508

「鈴廣オンラインショップ」はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

カテゴリー