ビールに合うおつまみ12種を厳選|家庭で作れる簡単レシピも紹介

自宅でビールを飲む際に、簡単で美味しいおつまみを作りたいと思う方は多いのではないでしょうか。この記事では、ビールにおつまみが必要な理由や、自宅で簡単に作れるビールのおつまみを12種類紹介します。自分で美味しいおつまみを作り、ビールで家のみを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ビールにはおつまみが必要な理由

おつまみはビールをより美味しくしてくれますが、実はビールを飲む際におつまみが必要となる理由があります。ここでは、その理由について解説します。

内蔵への負担を少なくするため
ビールを含めアルコールを過剰摂取すると、内臓に負担がかかります。特に、摂取したアルコールを分解・消化する器官(肝臓・胃など)には負担がかかるとされ、アルコールが原因とされる病気も多いです。飲酒の際にたんぱく質などを含むおつまみを食べることで、肝臓・胃などの負担を軽減できます。

血液中のNa量を調節するため
おつまみは血液中のNa量を調整する役目があります。ビールにはカリウムが多く含まれています。カリウムを摂取し過ぎると、尿でそのカリウムを体内から排泄しようという作用が働きます。それと同時に血液中のナトリウムも排出されてしまうため、Na量を調整しようとして、身体が塩分を要求します。

空腹時のビールで血糖値が上昇(太る原因に)
空腹時にビールを飲むと血糖値が急激に上昇します。血糖値が上がるとインスリンが大量に分泌され、摂取した糖分が脂質に変えられ体内に蓄積するため、太る原因になります。血糖値の上昇を抑えるために、ビールを飲む際には、良質なたんぱく質のおつまみを摂取することをおすすめします。

ビールに合うおつまみとは

健康面などを考慮した上で、ビールに合うおつまみとは何かを解説します。

良質なたんぱく質が豊富な魚
良質なたんぱく質を豊富に含む魚は、ビールのおつまみとして最適です。低カロリー・低脂質なので、美味しく、健康維持にも役立つ食品です。

ビタミンB1が豊富な豆類・野菜
ビタミンB1は、アルコールの代謝を促進させます。これを豊富に含む豆類や野菜を摂取すれば、二日酔いを防止できます。

メチオニンが豊富な肉・魚介類・乳製品
肉・魚介類・乳製品には、メチオニンが多く含まれており、ビタミンB1と同様にアルコールの分解をすすめます。メチオニンは肝機能も高めてくれます。

ビールにおすすめの魚系おつまみ3選

良質なたんぱく質を豊富に含む、ビールにおすすめの魚系おつまみを3つ紹介します。

板わさ
かまぼこを12mmの厚さに 切って、わさびを適量添えれば、ヘルシーでビールによく合う板わさが簡単に作れます。
かまぼこは良質のたんぱく質を豊富に含むので、健康維持にも役立ち、おすすめです。
鈴廣オンラインショップでは、「超特選かまぼこ古今」や「特上かまぼこ」など本場のかまぼこを提供しています。手軽に味わえるおつまみとして、ビールのお供におすすめします。

干物
干物は、グリルで焼くだけではなくフライパンを使っても簡単に調理できます。
焼けた干物をほぐし、ミョウガ・しそ・キュウリ・大根おろしなどとあえるだけで、見栄えのよいおつまみも簡単に作れます。
良質のたんぱく質が豊富に含まれている干物はビールのおつまみに最適です。

カルパッチョ
サーモンやマグロなどを薄く切り、お酢・醤油・オリーブオイルなどを適量かけ、玉ねぎなどを添えればカルパッチョができます。
良質なたんぱく質や肝機能を高めるメチオニンを含むので、おすすめです。

ビールにおすすめの肉系おつまみ3選

メチオニンを豊富に含む、ビールにおすすめの肉系おつまみを3つ紹介します。

から揚げ(フライドチキン)
居酒屋の定番メニューであるから揚げ(フライドチキン)は、ビールによく合います。から揚げは、鶏肉にから揚げ粉をまぶして油で揚げるだけで、とても美味しく出来るのでおすすめです。

焼き鳥
焼き鳥は、とてもヘルシーで、身体にも優しいおつまみです。自宅で作る際は、串を使わず、一口サイズに鶏肉を切ってフライパンでグリルするだけでも良いでしょう。

餃子
餃子も居酒屋の定番メニューです。市販の餃子をフライパンで焼くだけで完成します。自宅で作る際は、ニラ・白菜・キャベツなどの野菜を細かく刻み、豚ひき肉を合わせ混ぜ、餃子の皮に包み、蒸し焼きにします。少し手間がかかりますが、焼き立ての餃子は美味しく、ビールがより美味しくなります。

ビールにおすすめの野菜系おつまみ3選

二日酔い・悪酔いを防ぐ効果のあるビタミンB1を多く含む、ビールにおすすめの野菜系おつまみを3つ紹介します。

枝豆
枝豆には、メチオニン・ビタミンB1がたっぷり含まれており、ビールのおつまみに最適です。枝豆は調理済みの物がスーパーのお惣菜コーナーでも売られていますし、茹でて塩をふるだけで美味しく食べられます。

かまぼこ野菜スティック
冷蔵庫にある野菜などをカットするだけで簡単に作れる野菜スティックも、ビールのおつまみに最適です。マヨネーズとヨーグルト・アボカド・クリームチーズなどを混ぜ合わせることで簡単にディップソースが作れます。かまぼこを添えればたんぱく質も補えるのでさらにおすすめです。

かまぼこ野菜スティックはこちら

冷やしトマト
トマトを冷蔵庫で冷やし、カットするだけで、おつまみに変身します。トマトとビールを一緒に飲むと、アルコール濃度が下がる効果もあるので、おすすめです。

ビールにおすすめのスナック系おつまみ3選

料理するのは面倒だという方には、ビールにおすすめのスナック系おつまみを3つ紹介します。

ナッツ類
ナッツ類は栄養のバランスが良いことで知られています。スーパーなどで買ったナッツを、お皿に盛りつけるだけで、簡単なおつまみになります。健康に良いナッツですが、脂質が多く少量でもカロリーが高くため食べ過ぎには注意しましょう。

ポテトチップス
ポテトチップスもおつまみとして定番です。ただし、ポテトチップスには塩分や脂質が多く含まれるので、食べ過ぎには注意が必要です。

チーズ
チーズには、ビールのおつまみとして美味しいだけでなく、肝機能を高めるメチオニンが多く含まれています。チーズは種類も豊富なので、異なる味が楽しめます。

まとめ  

この記事では、ビールにおつまみが必要な理由とビールにおすすめのおつまみを12種類紹介しました。すべて簡単に作れ、とても美味しいのでぜひ試してください。

鈴廣オンラインショップでは、農林水産大臣賞を受賞した「超特選かまぼこ古今」や「特上かまぼこ」など本場小田原の味を誇るかまぼこを提供しています。かまぼこは、高たんぱく・低脂質で健康にもよく、手軽に味わえるので、ビールのおつまみにいかがでしょうか。

「鈴廣オンラインショップ」はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories