万能すりみパウダーで 「チーズはんぺんフライ」

おうちで簡単にすり身が作れる「万能すりみパウダー」。
今回はこのパウダーを使って、おかずにも晩酌にも人気の高い「チーズはんぺんフライ」を作ります。
おうちで作るからこそ、すり身にチーズやベーコン、青のりなど好みのものを加えられるのが楽しいところ。今回はチーズをたっぷり混ぜこみました。

万能すりみパウダーは魚・塩・砂糖のみ

万能すりみパウダーは、鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。

「すりみパウダー」はこちら

レシピ「チーズはんぺんフライ」

チーズはほんのり溶けるプロセスチーズがおすすめです。チェダーチーズやゴーダチーズなどのセミハードタイプが使いやすいと思います。

材料


(2人前)
・「万能すりみパウダー」 50g
・水           200㏄
・うずらの卵          6個
・チーズ         2〜3個
・鶏卵             1個
・薄力粉         1/2カップ
・パン粉         1カップ

作り方

① うずらの卵を茹でて殻をむく

②  ボウルに水200ccを入れ、そのあと万能すりみパウダー50gを加えてよく混ぜる
すりみパウダー

③ ダマが無く、しっかりした弾力がでるまで混ぜる
万能すりみパウダーと水を軽く混ぜた後1分ほど待つと、パウダーが水分を吸って混ぜやすくなります。
すりみパウダー2

④ すり身ができたら、5mmほどに角切りにしたチーズを加えて軽く混ぜる

⑤ うずらの卵をすり身でつつむ

⑥ ⑤に薄力粉、溶き卵、パン粉の順でつけて、180℃の油で揚げる

⑦ きつね色になったら引き上げて、よく油をきる

おうち晩酌には「箱根ピルス」も

「チーズはんぺんフライ」のペアリングには箱根ビール「箱根ピルス」をどうぞ。箱根富士丹沢山系の伏流水で仕込んでおり、ビールのえぐみのもととなる鉄分を含みません。雑味のないクリアーなのど越しで、魚介のうまみと相性の良い仕上がりです。
「国際ビール大賞」「アジア・ビアカップ」で幾度となく金賞を受賞、また国内外のクラフトビールが集まる「JAPAN BREWERS CUP」でもピルスナー部門堂々の1位に選出されました。

Photos by Hiyori Ikai, Recipe by Hirozumi Ogawa, Written by Kaeko Liff

「箱根ビール」はこちら

関連商品はこちら

こちらの記事もおすすめ

Categories