万能すりみパウダーで「小麦粉不使用のぷりぷりタコ焼き」

おうちでタコ焼きパーティ。
大人も子どももわくわく心が躍ってしまう、ホームパーティの大定番です。

今回はタコ焼きの生地を小麦粉ではなく、「万能すりみパウダー」で作ります。いつものタコ焼きとは一味も二味も違う、ぷりぷりの弾力がたまらない一品です。

すり身のタコ焼きならば、白身魚の良質なタンパク質もたっぷり。お魚が少し苦手なお子さんもきっと楽しく食べられると思います。

万能すりみパウダーは魚・塩・砂糖のみ

万能すりみパウダーは、鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。

「万能すりみパウダー」ご購入はこちら

レシピ「小麦粉不使用。ぷりぷりタコ焼き」

タコ焼きの具材にはタコはもちろんのこと、チーズやコーン、餅やキムチ、納豆や梅干し、オクラや山芋などお好みのものを何でもお試しください。「この組み合わせが最高!」という発見こそ、おうちタコ焼きパーティの醍醐味です。

材料

(タコ焼き24個分)

生地には小麦粉を一切使用しておりません。ただし、小麦アレルギーなど小麦を一切除いたタコ焼きをつくるには、具材の天かすも除いてください。また、みりんやマヨネーズ等の調味料の原材料に麦が使われていることがありますのでご注意ください。

<タコ焼きの生地>
万能すりみパウダー 50g
・水 200cc
牛乳 100cc
・片栗粉 10g
みりん 5cc
・昆布だし粉 4g
・卵白 1個分


<お好みの具材>

・タコ 1本
・チーズ 50g
・ネギ 10g
・紅生姜 10g
・コーン 20g
しらす 10g
(天かす:小麦粉が入っておりますので、小麦アレルギーの方はお控えください) 

作り方

① 200ccの水と万能すりみパウダー50gを袋に入れて良くもみ、すり身を作る。
(途中、袋を上下に30回から40回振ったり、手のひらに押し付けるようにもむ。粉っぽさがなくなり、滑らかになればすり身のできあがりです。)
できたてのすり身は下の写真の通り、なめらか。

② すり身ができたら牛乳・片栗粉・みりん・昆布だし・卵白を袋に入れ、また良くもむ。

③ 袋の端を切り、タコ焼きの生地を熱したタコ焼き機に流し込む。

④ お好みの具材を中に入れ、中火で5-10分程度熱する。

⑤ 鉄板に接している面がきつね色になったらひっくり返して再度熱する。

⑥ お好みでソースやマヨネーズをかけたら完成。

Photos by Hiyori Ikai, Recipe by Hirozumi Ogawa, Written by Kaeko Liff

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories