キャンプへGOvol.1~炭火で焼きたて『手づくりチーズちくわ』~

~青空の下、ちくわを作って炭火で焼く~

鈴廣スタッフの中にはキャンプ好きがたくさんいます。本社や工場から車で5分もすれば森や河川で泊まれる場所があるため、ふらりと気軽にいくことが多いようです。

そんなキャンプの常連たちが「これは絶対に楽しい!」と太鼓判を押すのが、手づくりちくわ。キャンプ場で「万能すりみパウダー」からすり身を作って、棒に巻き付け、炭火で焼き上げます。アツアツ焼きたてのちくわは最高です。

レシピ「手づくりチーズちくわ」~手も汚れない秘訣あり~

今回は、すり身だけを巻いた焼きちくわと、とろ~りとろけるチーズちくわの2種類のレシピをご紹介します。

また、キャンプ場では手洗い場が近くにないことも多いため、手がよごれないようにサランラップとビニール袋を使用しています。小さなお子様も粘土工作のようにちくわの形を作ることができるので、わいわい賑やかにお楽しみください。

材料

【焼きちくわ(チーズなし)】 
(1本分)
万能すりみパウダー 50g
・水 200cc
・醤油 適量
・竹棒 一本 (あるいは割らない状態の割り箸 1膳)
・混ぜる袋 1袋
・サランラップ

【チーズちくわ】
万能すりみパウダー 50g
・水 200cc
・醤油 適量
・割けるチーズ 1つ
・割らない状態の割りばし 一膳
・混ぜる袋 1袋
・サランラップ

作り方

① 袋に「万能すりみパウダー」と水、醤油を入れてよく揉む
※「万能すりみパウダー」が水分を吸うまで1分程度かかります。だまがなくなるまで、1分~2分程度よく揉んでください。

② 袋の先端をハサミで2cm程切り落とし、絞り袋を作る

③ すり身を②で作った切り口から、サランラップの上に絞りだす

④【チーズなしの場合】絞りだしたすりみの上にちくわ棒をのせる

④’【チーズ入りの場合】割りばしに「割けるチーズ」を刺しておき、すり身の上にチーズ棒をのせる

⑤ 下に敷いたサランラップをすり身に巻きつけ、棒にすり身が均等につくように手で成形する

⑥ グリルで焼く。ちくわの表面の水分がなくなり皮が乾燥するまでは、手で持って焼いてください。
※ちくわの表面が湿った状態で網にのせるとくっつきやすく、形が崩れやすくなります。

⑦ 表面が乾燥して焼き目がつき始めたら、網の上にのせて焼く

⑧ 表面にしっかり焼き色が付き、すりみが膨らんできたら完成


アツアツ、トロトロのチーズも手作りちくわならではの楽しみ方の一つです。是非キャンプやBBQの際にすりみパウダーを忍ばせ、お楽しみください。


今回つかった商品「万能すりみパウダー」

万能すりみパウダーは、鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。

重くなく荷物にならないので、キャンプやBBQに最適な材料です。全く新しいキャンプレシピにいかがでしょうか。

Photos by Hiyori Ikai, Recipe by Hirozumi Ogawa, Written by Kaeko Liff

「万能すりみパウダー」ご購入はこちら

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories