万能すり身パウダーで「食べてみたい夢のおでん」をつくろう

冬の風物詩、おでん鍋。

定番のおでん種もかかせませんが、「こんなおでんを食べてみたいな」と考えたことはありませんか。タコや海老を丸ごと入れてみたり、エスニックな食材とチーズをたっぷり使ったり

今日は水を入れるだけで生すり身ができる「万能すりみパウダー」を使って、夢のおでん種を作ります。

皆さまのアイデア次第で生まれる個性豊かなおでん種。贅沢なおでん、世界に一つのおでん、絶品おでんなど。鍋パーティを開けば盛り上がること間違いなしです。

万能能すりみパウダーは魚・塩・砂糖のみ

万能すりみパウダーは、鈴廣のすり身を特許製法によって乾燥・パウダー状にしたもので、ご家庭でお水を加えるだけで生すり身を作ることができます。材料は天然の白身魚と塩、砂糖のみ。保存料・化学調味料等、一切使用していません。

今回は鈴廣スタッフたちが「一度食べてみたかった」というおでん種や、家にある食材を使って、いろいろ作ってみました。

夢のおでん種1 「えび大葉」

まず最初は海老を丸ごとつかった「えび大葉」。ぷりぷりの海老がプリッとした弾力のすり身に包まれています。すり身に大葉(紫蘇)をふんだんに入れることで、爽やかな香りがする一品です。

紫蘇だけではなく、しらすやバター、胡椒やガーリック、味噌などを加えてもよし。「これを入れたらどんな味?」と想像力を膨らませて、様々作ってみてください。

材料

■ベースの生すり身
万能すりみパウダー 50g
・水 200㏄

■お好きなおでん種の食材
・海老
・紫蘇
・揚げ油

作り方

①ボウルに水200ccを入れ、万能すりみパウダー50を加えてよく混ぜる。

②ダマが無く、しっかりした弾力がでるまで混ぜる。

③すり身に紫蘇を入れる。(しらすやバター、味噌などもお好みで)

④全体が均一に混ざったら、殻をむいた海老を③のすり身で包む。

⑤160度の油できつね色になるまで揚げる。

※加熱目安は、中心温度が75℃以上。きつね色の揚げ色が付き、中心部まで透明感が無くなり弾力がでていればOKです。

夢のおでん種2 ガーリック香る「丸ごとたこ」

上記の「えび大葉」と同じ要領で、たこ・ねぎ・にんにくで作ります。揚げたても最高で、おでんに入れる前に是非つまみ食いを。

夢のおでん種3 こども大好き「ベーコン・チーズ・じゃがいも」

すり身にチーズと炒めたじゃがいもとベーコンを加えて成形。そして揚げました。お子さまが大好きなものが全て入った一品です。

夢のおでん種4 ピリ辛「キムチ・コーン・チーズ」

寒い日にはピリ辛なものを食べて、お酒といっしょに温まりたい方も多いのではないでしょうか。すり身にキムチ、チーズ、コーン、コチュジャンを入れて、揚げました。キムチ鍋好きにもたまらないおでん種です。

いかがでしたか。「こんなおでん食べてみたい」「友人考案のおでん種が美味しかった」など、名物おでん種が見つかったら、ぜひ鈴廣スタッフにも教えていただけると幸いです。

Photos by Hiyori Ikai , Movie by Koki Urano , Written by Kaeko Liff

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories