かわいいひな祭り~ちらし寿司などのレシピ~

三月三日は桃の節句。

女の子の健やかな成長を祈るひな祭りです。

雛人形をモチーフにした細工かまぼこや、ピンクのかまぼこを用いることで、気軽に、おいしいひな祭りの祝い膳ができあがります。

おいしいひな人形。ちらし寿司にのせても

桃の節句におすすめなのが、期間限定「歳時記 ひなまつり」セットです。祝いの紅白蒲鉾と伊達巻に加えて、かまぼこ職人手作りの可愛い細工かまぼこを詰め合わせました。

細工蒲鉾は女雛、男雛、菱餅やぼんぼりの四つのモチーフ。雛人形はころんと愛らしく、ぷりっとやわらかな食感が心を朗らかにしてくれます。

今年はさらに木のスプーンやフォーク、積み木も入った特別セットも用意しております。お子様のお祝いにぴったりです。

子ども喜ぶ 乗り物やハートかまぼこ

お子様に大人気の「トミカ」と「リカちゃんハート」は、 さっと切って並べるだけで、ひな祭りのパーティを彩る華やかな一皿に。
かまぼこのカラフルな色合いは、かぼちゃやホウレン草などの天然色素です。

お子様と一緒に。かまぼこの雛人形寿司

かまぼこのプリッとした食感としっかりとした旨味は、贅沢な寿司ネタとしてもおすすめです。牛乳パックを使えば、菱餅形のちらし寿司が簡単に。お子さまとご一緒に是非どうぞ。

■材料

板かまぼこ 5㎜のスライスを二枚
ごはん 2膳分
ピンクのでんぶ 適量
青葉やわかめのふりかけ 適量
錦糸卵
うずらの玉子 2個
山椒やレモンのスライスなど、お好みで。

■用意するもの
牛乳パックで作ったひし形の型
楊枝

■作り方

①ご飯を三つにわける。一つにピンクのでんぶを混ぜる。もう一つは青菜やわかめのふりかけを混ぜる。

②牛乳パックを切り抜いて、ひし形の型を作る。

型に緑色のご飯、桃色のご飯、白飯の順につめて、菱餅のようにする。

③錦糸卵で表面を覆う。

④かまぼこを5㎜の厚さで切る。かまぼこを丸め楊枝でとめる。ウズラの卵を顔として載せる。山椒やレモンのスライスで雛人形にお道具をを持たせる。

⑤かまぼこの雛人形をのせる。

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories