おうち晩酌へようこそvol.1 炙れば揚げたて。やまつ辻田の七味や自家製柚子胡椒添え

「揚げ立てさつま揚げ」

いきつけの飲み屋の品書きにさつま揚げを見つけたら、頼まずにはいられません。なんてったてすり身の揚げたては感動もの。

魚とみりんの米油の揚げ香と旨味、ぷりっぷりの歯ごたえは、揚げたてのすりみならではの食体験です。その味を家で再現出来たら、一杯おいしいお酒を出したくなるものですよね。

「ねぎまぐろ」「ピリ辛なんこつ」など一口揚げかまぼこに、自家製薬味

かまぼこアーティストのかまぼこママさんが、一口サイズのかまぼこ「お好み十選」を炙って、おうち晩酌タイムを満喫していらっしゃると知り、お話を聞きました。「竹串に刺さった熱々のかまぼこをモダンな陶板にのせるとね。これだけでおしゃれなお店に飲みに来たって気分になれるの」(かまぼこママさん)。

今回使っているのはかまぼこママさんの故郷、佐賀県有田町の深川製磁製の陶板です。透き通るような白と、墨の風合いが表現されたマットな黒色のコントラストが気に入っていらっしゃるとのこと。

かまぼこママさんは、揚げかまぼこを魚グリルやオーブントースターで炙って楽しみます。そのままでも美味しく食べられますが、数分温めるだけで揚げたての香りやプリッとした食感がよみがえり、焦げ目がついた皮は香ばしさがたまりません。

居酒屋気分をさらに演出しているのが、きれいに並べられた薬味たち。今回は、かまぼこママさんが故郷から柚子を取り寄せて作った自家製柚子胡椒に、コチュジャン、粗塩、そして「やまつ辻田の極上七味」を添えています。この七味は、国内産唐辛子、幻ともいわれる山朝倉粉山椒、丹波有機黒ごま、柚子、高知糸すじ青のりなどを、石臼製法で引き揚げた香りが最高です。

「うちで『やまつ辻田の極上七味』を使ってお料理を出すと、必ずお客様に『どこの七味ですか?』と聞かれます。自分が選びぬいた薬味を並べてみると、居酒屋の店主になったような気持ちです」(かまぼこママさん)。

オーブントースターで数分温めれば、揚げたてに

材料

お好み十選
竹串
薬味 (柚子胡椒、七味、コチュジャン、おろし生姜など)

作り方

①「お好み十選」をグリルやオーブントースターで数分温める。

*焼きすぎると、揚げかまぼこの水分がとんで、ぱさついた食感になってしまうので、中まで温まれば十分です。

②竹串で刺す

*竹串を刺してから温める場合は、アルミホイルなどで竹串部分を包んでおくと焼け焦げません。

③薬味を添えて、盛り付ける。

十種すべて違う食感、違う味、違うスパイスや具材入り ふわふわな「ふっくらさつま」、ぷりぷりな「えびボール」など。

お好み十選の顔ぶれを一気にご紹介いたします。

すりみと一言でいっても食感や味は千差万別、十種類すべて違います。

えびボールは海老入りでプリっぷり、ふっくらさつまは山芋を入れてはんぺんのよう、小魚さつまは青魚の鰯も一緒に擂ることで歯ごたえもあり濃厚な旨味です。

一口サイズだからこそ、一口だけで印象的な美味しさになるよう、すりみに混ぜ合わせる具材やスパイスも個性揃いです。これを国産米油でふっくらと揚げていきます。

お好み十選は1袋180円からですので、色々お試しください。


写真の左上から右に、その後左下から右に順番に説明します。

ふっくらさつま:白身魚のすりみに大豆粉と山芋を入れた厚揚げ風。十選の中で最もふっくらやわらか。

小魚さつま:白身魚のすり身といわしの魚肉を混ぜ込みました。魚の光物の濃い旨味。

四季木の葉:生姜香る、ぷりっとしなやかな食感です。

炙り焼きかま 枝豆:食感楽しい枝豆に、ピリッとブラックペッパーがアクセント。

炙り焼きかま コーン・ホタテ:とうもろこしの甘味とホタテの旨味がぎっしり。

えびボール:上品なすりみにむきエビを混ぜています。海老のぷりっとした食感とソフトなすり身のマリアージュ。

ねぎまぐろ:鮪と葱を混ぜ合わせて米油で揚げた満足な一口。葱の香りとシャキシャキの食感。

ピリ辛軟骨:鶏軟骨の食感がたのしい、スパイシーな揚げかまぼこ。

 

写真にはありませんが、「お好み十選」の仲間はほかにも、

お好み:コーン・イカ・ネギなどを混ぜたプチお好み焼きのような一枚。

ごんぼう:千切り牛蒡をたっぷり練り込んでいます。

温めて揚げたてを楽しむ技、お好み十選のほかにも「あげかま」や「あげたい」、「大漁万歳」でもお試しください。今宵、おうち晩酌いかがでしょうか。

かまぼこママさんのプロフィール

佐賀県有田町にある有田焼の窯元の家に生まれ、美しい器に囲まれて育つ。
子供へのかまぼこ弁当を作り始めたのがきっかけで、かまぼこの飾り切りやレシピを考案。
現在はかまぼこアート、レセプションパーティ等でかまぼこピンチョスや前菜のテーブルコーディネートなども行う。江戸懐石近茶流師範、草月流いけばな師範、日本画家太田慧香氏に師事。

クックパッド:https://cookpad.com/kitchen/2784459
Instagram:https://www.instagram.com/kamabokomama/

photographs by Hiyori Ikai/ written by Kaeko Liff

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories