かまぼこはフランスの魚介のテリーヌにも似て、ワインと相性よし 「ワイナート」編集長 小松由加子さんのシェアするギフト

ワインと食のビジュアルマガジン「ワイナート」編集長の小松由加子さんは、仕事、プライベートを問わずいつもワインがそばにあり、周囲にもワイン好きがたくさん。お呼ばれやご挨拶などで贈り物を選ぶときは、自然とワインと相性の良い食べ物を考えることも多いそう。そんな小松さんに、贈り物を選ぶときのヒントや大切にしていることなどを伺いました。

今は、相手の健康を願って贈り物を選びます。

仕事の立場上、ワインと相性の良い贈り物を期待されることが多く、また私自身も常にそういうものを探しているので、いいものが見つかるとつい嬉しくなって、誰かに教えたくなります。食べものを贈る場合、味わいの良さは当然ですが、素材の良さや無添加のものなど品質も大切。最近は相手の健康にプラスになる、体に良いものを意識しています。

そして、渡すときは素材の話や造り手の姿勢など、選んだもののバックストーリーも一緒に伝えたい。送り主が何を思ってそれを選んだのかを知ることは、受け取る側もきっと嬉しいから。そんなことを考えながら選ぶと、相手がどんな反応を見せてくれるのか想像して、楽しくなってきます。

かまぼこと塩辛が、ロゼワインに合う⁉

日本人にとって、かまぼこはお正月に登場する食材というイメージが強いですが、実はもっと普段から、気軽に楽しむべき食材だと思います。鈴廣のかまぼこは自然由来の上質な素材を使っていて安心。味わいも上品でやさしいので、そのままはもちろん、塩辛やわさび漬けなど塩味の強い酒の肴的なものと合わせやすい。

ワインと合わせるには、かまぼこに塩辛やわさび漬けをのせると、ロゼワインと意外といけるんです。かまぼこは、野菜や肉、魚など、幅広い素材と組み合わせられますが、ワインに合わせるなら少し塩味を足したいです。オリーブを刻んでタプナードにしてのせたり、フルーティなオリーブオイルや胡椒を加えて香りや辛味のフックを作ると、ワインとの相性もぐんと良くなります。

「海山のおーどぶる」はワインとの相性バツグン

ワインとの相性を意外に思うかもしれませんが、実はかまぼこって、フランスの魚介のテリーヌによく似ているんです。テリーヌも、白身魚やホタテのすり身に卵白などを合わせて蒸しています。だから、ワインと無理なく合わせられるのも納得です。合わせるワインは、ミネラル感があって酸も感じられる白、具体的にはロワールのサンセールや、カジュアルクラスのシャブリ、あるいは泡ものもよく合う。「海山のオードブル」 は穴子やチーズやナッツなどを層にした商品なので、切るだけで、ワインのつまみになりますね。

“かまぼこピンチョス”はおもしろい

スペインのピンチョスは薄切りのパンを土台にしていますが、かまぼこを土台にして和製ピンチョスにすれば、さらにワインとの相性が幅広くなりそう。様々な食材と組み合わせて、胡椒などスパイスをきかせた和製かまぼこピンチョスは、白ワインのみならず、例えば柔らかい飲み口のロゼワイン、オレンジワイン(これを選ぶには、少しワインの知識がいるかもしれませんが)赤だとマスカット・ベーリーAの日本ワインもきっと合いますよ。

日本発信の新しいかまぼこピンチョスを世界に広められたら、かまぼこの新しいファンが生まれるかもしれませんね。かまぼこは、ワインに合うギフトとしておすすめです。

かまぼこピンチョスの紹介記事はこちら

蒸し&焼きかまぼこ、塩辛、わさび漬け揃う「晩酌セット」

「晩酌セット」には、小松さんおすすめのワインにあうかまぼこをはじめ、小田原式生糀熟成塩から、わさび漬、そして箱根の天然水でつくる箱根ビール三種入り。素材はもちろん、すべて天然由来です。

(撮影協力 外苑前「Aminima」)

ワイナート 編集長 小松由加子さんのプロフィール

アカデミー・デュ・ヴァン東京校に在籍中、美しいビジュアルでワインと食の世界を探求するワイン専門誌『ワイナート』(美術出版社)の編集スタッフに。2008年より編集長を務める。飲むことはさることながら、食べることも大好き。甘い物好きが高じてル・コルドン・ブルー東京校に通い、製菓ディプロムの修得も。ワインではシャンパーニュをこよなく愛する泡党。

text by Saori Bada / photographs by Hiyori Ikai

この記事を書いた人

馬田草織

編集者・ポルトガル料理研究家。料理雑誌などで編集者・ライターとして活躍するかたわら、自宅でポルトガル料理教室を主宰。Web「cakes」にてお酒に合うポルトガル料理を紹介する「ポルトガル食堂」を連載中。
近著『ムイトボン!ポルトガルを食べる旅』(産業編集センター)など著書多数。

http://badasaori.blogspot.com/

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories