かまぼこで“おいしく”タンパク質 Vol.5 きゅうりとかまぼこのしそ炒め

日本人の食生活で特に不足しがちなのが、たんぱく質やミネラルなどの栄養素。足りないと免疫力が下がったり、体調が崩れる原因にもなります。

毎日の食事で効率よくタンパク質を取りたいとき、頼りになるのが日本の伝統食「かまぼこ」。1本に7尾分の良質の魚肉タンパクが含まれているほか、健康を維持する必須アミノ酸や、不足しがちなミネラルなどの栄養素も豊富です。切ってすぐ食べられる手軽さはもちろん、それ自体が淡白な味だから、野菜と組み合わせたり、肉や魚の代わりに使うなど、料理アレンジも簡単。かまぼこがよりおいしくなる料理のアイデアを、ご紹介します。

行きつけの中華料理店でいつもオーダーする、きゅうりの炒め物がヒント。そこにかまぼこを加えてアレンジしました。さっぱりした塩味ですが、ゴマ油やゴマの風味が食欲をそそります。弾力のあるかまぼこと、シャキシャキしたきゅうりの食感の相性も抜群。大葉やきゅうりに含まれるβカロチンは体内でビタミンAに変換され、粘膜や皮膚の健康維持、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれ、免疫力アップにも効果的。油と一緒に摂取するとさらに効果的です。

今回使用した商品:鈴廣 しそかをり巻き
すり身をしそで巻いて軽く油に通しています。しその葉の香りと白身魚が相性抜群。そのままでも、ついつい箸もお酒もすすむおつまみの定番です。

しそかをり巻きはこちら

きゅうりとかまぼこのしそ炒め

材料

きゅうり 1本
しそかをり巻きかまぼこ 4本
大葉 3枚
白ごま 適量
ごま油 適量
顆粒鶏ガラスープ 適量

つくり方
1. きゅうりとしそかをり巻きかまぼこは斜め薄切りし、大葉はざく切りする。

2.フライパンにごま油を熱し、1のきゅうりとかまぼこを強火で炒める。色付いてきたら鶏ガラスープを振り入れ、大葉を加えてさらに中火で炒める。
3.皿に盛り、白ごまをふる。

小川商店プロフィール

料理監修:恵比寿「小川酒店」
から揚げやポテサラなど、お馴染みの総菜にひと工夫した料理と気軽なお酒が並ぶ、女性一人でもふらっと寄れる恵比寿の小さな酒場。「小川商店」店主の小川弘純さんは、食空間やアイテムのデザインなど、食にまつわるさまざまなものを具現化するプロデューサーでもある。

小川酒店
東京都渋谷区東3-25-3 ライオンズプラザ恵比寿1F 03(3407)4867 営業時間などはお問い合わせください。

Instagram  https://www.instagram.com/ogawasaketen/?hl=ja

この記事を書いた人

馬田草織

編集者・ポルトガル料理研究家。料理雑誌などで編集者・ライターとして活躍するかたわら、自宅でポルトガル料理教室を主宰。Web「cakes」にてお酒に合うポルトガル料理を紹介する「ポルトガル食堂」を連載中。
近著『ムイトボン!ポルトガルを食べる旅』(産業編集センター)など著書多数。

http://badasaori.blogspot.com/

関連商品はこちら

※価格は記事公開時の価格になりますので、変更となっている場合がございます。

こちらの記事もおすすめ

Categories