現在のページ
  • HOME >
  • 鈴廣のかまぼこづくり

鈴廣のかまぼこづくり

天然素材とものづくり

鈴廣のかまぼこは天然素材を使い、化学調味料は一切使わず、保存料無添加でおつくりしています。
私たちの仕事は魚のいのちを人のいのちに移しかえるお手伝いと任じています。
素材のいのちを大切に、お魚が育つ海のこと、海を豊かにする森のこと
そして、小田原かまぼこの伝統を守る、私たちのものづくりの考え方をおご紹介します。

  • 素材

    天然素材でつくる。
    お魚をはじめ、塩、水、調味料は天然素材を使います。保存料は無添加でつくります。

  • ものづくり

    いのちを活かすものづくり
    魚本来の旨みをお届けしたい。江戸慶応元年より継ぐ技をご紹介。

  • 漁業

    魚を育む海を守る
    持続可能な漁法で揚がったお魚を使います。

  • 森づくり

    森の恵みが海へ
    お魚が育つ海のためにも、
    小田原の森に木を植え始めました。

  • 品質

    質を磨き、安全を届ける
    五感検査や最新機械を使った品質管理を行っています。

「匠」の仕事を引き継ぐ

機械生産をとりいれた今でも、職人の手だけでお作りする製品を残し、大切にしています。
材料である魚は一尾一尾に違いがあり、塩の分量や加熱方法など微妙に調整しなければなりません。
これを微細にあやつる職人をこれからも育ててまいりたいと思います。

  • 古今をつくる

    一級技能士 佐賀勝男

  • 古黄をつくる

    一級技能士 富永雅夫

  • 浜の月をつくる

    一級技能士 萩原久

  • 浜の月をつくる

伝統の技を「科学」する

伝統的なかまぼこづくりを大切にしながらも、新しい技術開発にも取り組んでいます。
それは、魚のことを研究することで、魚本来のおいしさや栄養をさらに引き出すことができると信じているからです。

  • 旬の魚をとどける工夫

  • 新しい魚の食べ方

  • 魚肉たんぱく研究所

ページ上部へもどる