会席 大清水 ohshimizu

まるで別荘のように

箱根の麓の小田原風祭、蛍と鮎の住む早川の畔、鈴廣かまぼこの里にございます。
富山八尾から移築した合掌造りの建物の囲炉裏で鮎を焼くもよし、縁側で利き酒をするもよし、茶室でお点前を楽しみもよし、あなた様のお別荘のようにお過ごしください。

お料理はテーラーメイドで

決まったお品書きはございません。調理長の澤瀬文男がご用向き、お客様の顔ぶれやお好みを伺いながら、旬の食材を合わせ、一品一品献立を組み立ててまいります。一日3組、最大10名様限定のわがままをお許しください。

おもてなし

  • 光のほうへ。
    縁側で寛ぐひとときを

    縁側に並ぶ戸を開けるとモミジの園庭が広がります。春夏には緑、秋は紅色、冬は雪景色に。気が付けば足を伸ばしてごろりと深呼吸。食前や食中に、神奈川にある14の全て酒蔵の自慢の日本酒の利き酒に一興かと存じます。

  • 囲炉裏火に惹かれ
    人が人である所以

    囲炉裏で米を炊き、鮎を焼き、鍋を囲む。いのちがあるかのような炎の動き、ゆらりゆらりと昇る湯気、ただひたすらに見つめていると、徐々にお腹を誘う香りが漂ってきます。ご家族やご友人とふぅふぅアツアツを召し上がってください。

  • 陰影の美
    モダンな茶の湯を

    ここ小田原の地で近代茶道を究めた、益田鈍翁、野崎幻庵、松永耳庵の三人の粋人。「小田原三茶人」と呼ばれています。そんな先達を偲びながら、お茶室では伝統のお点前や現代的な茶カクテルを楽しんでいただけます。

  • 薫香に心傾け
    白昼夢

    木組み現しのお二階でのお勧めは「聞香」。大女将好みの香合に日和に合わせた香木や練香をご用意いたします。瞳を閉じて香りに気持ちを向ければ、心はすっと落ち着いて。このお部屋は、香遊びのほかにも音楽や読書、瞑想など様々にお楽しみいただけます。お気軽にご相談ください。

基本情報

会席「大清水」ohshimizu
住所:〒250-0032 神奈川県小田原市風祭50
電話:0465-21-5000(受付時間 9:00~17:00)
営業時間:昼席11:30~/夜席17:00~

料金
昼席:会席ご膳 5,000円
   会席コース 6,000円/8,000円/10,000円~
夜席:会席コース 12,000円/15,000円/20,000円~
※別途、消費税+10%のサービス料を申し受けさせていただきます。
ご利用人数:一日3組、最大10名様まで

ご予約
電話:0465-21-5000(受付時間 9:00~17:00)
※昼・夜ともに3日前までに予約を頂戴できますようにお願い申し上げます。

アクセス
<電車でお越しのお客様>東京駅・品川駅から、JR東海道新幹線・小田急線小田 原駅下車、タクシー約10分またはJR東海道新幹線・小田急線小田原駅・箱根登山 鉄道 風祭駅下車、徒歩約2分