梅雨時の大敵!やっておきたい各お部屋のカビ対策

2021/04/29

ジメジメした梅雨の季節。80%を超える湿度の中で心配なのが、「カビ」の繁殖。

そのカビが、私たちの健康に大きく影響しているのをご存知でしょうか…?きちんと対策をしておかないと、カビが原因の体調不良や病気になってしまう恐れがあるのです。

どうすればそんなカビから身を守れるのか?ここでご紹介する「カビ対策」の方法を実践して、カビに負けずに梅雨を乗り切っていきましょう!

カビが大好きな梅雨の気候

湿度が高い梅雨は、私たちにとっては不快な季節ですが、同時に「カビが大好きな時期」でもあるのです…。

カビが好む環境は「湿度65%以上」「室温20~25%」。まさに梅雨の気候ですよね。また、雨だからと窓を閉めて換気を怠っていると室内にホコリが溜まりますが、そのホコリにカビ菌がついて繁殖してしまうのです。

重ねて、雨とはいえ気温も高くジメジメと蒸し暑いこの時期には、クーラーをつけたくなりますよね。しかし、クーラーの中は、実はダニやカビが大量に発生しやすい場所。内部の掃除をせずに使用をしていると、クーラーの風を通してカビを吸い続けることになります。想像するだけでゾッとしてしまいます&。

カビによる健康被害

呼吸などでカビが体内に取り込まれることで、いろいろな健康被害が出る恐れがあります。

例えば、ぜんそく、アレルギー性鼻炎などのアレルギー発症、アトピー、水虫、角膜炎、結膜炎、カンジダ感染症など。体の抵抗力が弱っている時にカビを取り込んでしまうと、こういった病気や感染症を引き起こしやすくなります。

また、カビが生えて劣化した食材を食べてしまうと、食中毒を引き起こす危険もあります。夏場や梅雨時に食中毒が増えるのは、湿気によるカビ増殖が大きな原因となっています。

new_雨

 

一番大切なのは"除湿"

カビの繁殖を防ぐ上で最も大切になるのは「除湿」です。室内の湿度を50%以下に抑えるようにしましょう。湿度を下げるためには以下の3点を行って下さい。

1.雨が降っていない、あるいは小雨の時に窓を開けて換気をする

2.換気扇を回して室内の空気を外に排出する

3.空気清浄器や除湿器を使う

換気は毎日必ず行いましょう!朝いちばんの換気がおすすめ。それが難しくても「1日15分」を目安に換気を行うようにすることが大切です。

除湿器については、様々な機能がついたものがあり、中には「カビ菌やウイルスをやっつける」という機能を持ったものもあるので、そういった種類を活用すると尚良いでしょう。

場所別カビ対策

浴室

浴室は家の中でも高温多湿で、カビも発生しやすい場所になります。タイルの目地や凹凸のある壁や床にはカビが住みやすく、栄養分豊富な垢や石鹸カスが付着しやすい浴室の低い部分にもカビが生えやすくなっています。

まずは、「カビの予防」としてできることとして

・石鹸やシャンプーなどを使った後はしっかりと洗い流すようにする

・入浴後、浴室に冷水のシャワーをかける(浴室内の温度を下げる)

・窓を開ける、換気扇を回しておくなど、小まめな換気を心がける

・汚れができたらすぐに洗い流しておく

といった対策があります。これなら時間はかからないですし、入浴の際に意識をしておくと良いですね。

そして、もしカビが発生してしまったら、ブラシでこすってカビを落とすだけでは根本的なカビ撲滅にはなりません。市販のカビ取り剤などを使用することが有効です。カビ取り剤の使用方法にも説明があると思いますが、カビ取り剤を塗布後30~1時間放置したのち水で洗い流すと、綺麗にカビが除去されるでしょう。

キッチン

火や水の使用で高温多湿になったり、カビにとっても栄養豊富な食材を使用したりするキッチンは、浴室に負けずカビが発生しやすい場所です。食材もカビで劣化するのが早くなり、カビの生えた食材を食べてしまうと健康も害してしまいます。

浴室同様、まずはカビを予防するところから意識すると良いです。方法としては

・窓を開ける、換気扇を回すなどで換気を行う(特に、料理中・食器洗い中)

・濡れた箇所は小まめに拭く

・シンクやその他の場所でも汚れはすぐに洗う

・ゴミ(特に生ごみ)は放置せずにきちんとゴミに出す

といったことを意識しましょう。

もしカビが生えてしまった場合は、キッチン用の「カビ取り剤」を使用します。カビのひどい場所にはスプレー式カビ取り剤を使用するとより効果的です。カビ取り剤を塗布後、数十分放置してその後クリームクレンザーでふき取ると、カビも落ちて綺麗に磨かれた状態になります。

寝室

寝室に発生するカビは、せっかくの心地よい睡眠を妨げる邪魔する存在…。

ここでも大切なのは「換気」!朝起きた時、就寝前にできると吉でしょう。また、お天気の良い日にはできるだけお布団を干すのも、布団内のダニやカビをやっつけるのに効果的です。

ベッド周辺に空気の通り道をつくることも大切なので、ベッドは壁にぴったりとくっつけず5cmほど隙間をつくっておくと良いでしょう。

また、今では「香りつき防カビ剤」のような、お部屋に置いてアロマ代わりになる防カビ剤が市販で売られています。そういうものをひとつ寝室に置いておくと、カビを防止してもらえる上に、心地よい香りでより快適な睡眠ができるかもしれません。

寝室のおすすめアイテム

寝室のカビ対策におすすめなアイテムが、こちらの2つです!

除湿剤

お部屋に置いておくと湿気を取り除いてくれるという優秀アイテムです。
こんな可愛い商品も出ているので置物代わりにもなりそうですね。

布団クリーナー

最近流行りなのが、この布団クリーナー。
掃除機のような見た目と機能で、布団のダニやハウスダスト、カビの原因菌を吸い込んでお掃除してくれます。

カビを予防して梅雨を快適に!

梅雨を、健康で快適に過ごす上で、カビ対策というのはとても大切になってきます。家の中の様々な場所で発生するカビですが、どのような場所でもまず大切なことは「換気」と「除湿」です。この2つを日頃から意識して行い、カビを予防する環境をつくっていきましょう!

 

鈴廣かまぼこ開発のアミノ酸サプリメント
サカナのちから」お試しセット販売中!

PAGE TOP
サカナのちからの商品をみる!
サカナのちから商品ページで詳しくみる

魚たんぱくを、もっと手軽に、もっと身近に
魚を毎日手軽に摂れる、魚たんぱくがぎゅっとつまった健康食品、それが「サカナのちから」です。
サカナのちからの想い
  • 非常用サカナのちから
  • さっとタンパク
お電話でのご注文
お電話・FAXからのご注文も承っております。
受付時間:8:00~17:00
TEL:0120-136-320  FAX:0120-237-834
ご注文用紙の印刷
直営店での販売
かまぼこの里(鈴なり市場・博物館)小田原駅前店/石橋店/御殿場店で販売しております。
店舗の詳細情報はこちら
PAGE TOP
鈴廣グループ公式サイト
Copyrights © Suzuhiro Co.,Ltd. All rights reserved.