テイクアウトランチを持って箱根へ出かけよう!今おすすめしたい秋の日帰り周遊コース

かまぼこの里には「千世倭樓(ちょうわろう)」や「えれんな ごっそ」などの飲食施設が併設されていますが、お店の味をテイクアウトできるのはご存知でしたか?今回は鈴廣のテイクアウトランチを持って、箱根の秋を満喫できる日帰り周遊コースをご紹介いたします。この秋はお弁当を持って、箱根へピクニックに出かけてみませんか?

かまぼこの里でランチをテイクアウトしよう!

かまぼこの里の飲食施設「千世倭樓(ちょうわろう)」と「えれんな ごっそ」の定番メニューがテイクアウトメニューに仲間入りしました!レストランの味を普段と違った場所でいただくのは、テイクアウトならではの楽しみ方。紅葉を眺めながら、ピクニック気分で楽しんでみてはいかがでしょうか。

■テイクアウトメニューのご案内
 こちらをクリック

■ご予約方法
 お受け取りには事前のご予約が必要です。(お受け取りの90分前まで)
 ・お電話でのお申し込み:0465-22-3191(テイクアウト承り係宛)

テイクアウトメニューはこちら

箱根観光に“パーク&ライド”がおすすめな3つの理由

人気観光地の箱根で心配なのが車の渋滞。そこでおすすめなのが“パーク&ライド”を利用した周遊プランです。

パーク&ライド(駐車して乗車する)とは交通混雑を緩和するために、目的地まで自家用車で向かい、そこから公共交通機関を利用する移動方式のことです。Co2排出による環境汚染を防ぐ取り組みとして都心部や観光地の各地で推奨されています。

■パーク&ライドを利用する3つのお得な理由
☑予約不要!無料で駐車場を利用できる。
☑渋滞を回避して、快適に箱根観光を楽しむことができる。
☑事前申し込みを行うことで、かまぼこの里で使えるお買物券が貰える。
※お申し込みには会員カード“如倶楽部”へのご入会が必要です(当日入会可、入会費無料)。

無料で駐車ができる上に、お買物券まで貰えてしまう鈴廣の“パーク&ライド”。お得に利用して、快適に箱根観光をお楽しみください♪

 

ご利用方法について

箱根湯本は歩いて路地裏まで散策すべし!

それでは早速、箱根へ向かいましょう!車をかまぼこの里に停めたら、まずは電車で2駅先の箱根湯本へ向かいます。

駅前には土産店や飲食店をはじめ、古風なギャラリーや雑貨店が立ち並んでいます。活気あるメイン通りは言わずと知れた人気スポットですが、一本裏に入った路地裏散策も情緒あふれる雰囲気を味わうことができ、大変おすすめなスポットです。

お洒落でかわいい雑貨店で自分へのお土産探しも、楽しみ方の一つですね。車では中々見つけられない、新たな発見を得ることができるかもしれません。

芦ノ湖の畔でテイクアウトランチを楽しむ

箱根湯本を満喫したら、次はバスで芦ノ湖へ向かいます。「あれ、登山鉄道で強羅方面に向かうのでは?」という声が聞こえそうですが、今回はあえて定番ルートの逆周りでプランをご紹介いたします。

この逆周りのルートは、実は渋滞回避に最適なプランなのです!特に今の時期は、人との接触をなるべく減らしたいもの。お越しの際は試してみてくださいね。

さて、出発前に購入したテイクアウトランチですが、芦ノ湖の絶景を眺めながら開放的な気分で味わってみてはいかがでしょうか?今の時期だからこそ、気持ちよくランチを堪能できるはず。遊覧船の展望デッキでいただくのも素敵な思い出になりそうですね。

箱根観光には外せない!大涌谷名物“黒たまご”

箱根の観光地といえば大涌谷!名物の黒たまごは1個食べると7年寿命が延びると言われています。
長寿祈願も忘れずに!

人気観光地として多くの方に知られているため、週末は特に駐車場の混雑・渋滞が予想されます。そこでおすすめなのがロープウェイの利用です。サクッと渋滞回避ができ、ロープウェイからの絶景を堪能するのがおすすめの過ごし方です。

2020年7月オープン!“cu―mo箱根”で空と大地のオアシスを満喫

大涌谷からのアクセスもラクラク♪2020年7月にオープンした新名所“cu―mo箱根”で足湯に浸かってひと休みしませんか?箱根ケーブルカーと箱根ロープウェイの乗り換え駅である“早雲山駅舎”に新たなスポットが誕生しました。

壮大な山々が連なる展望デッキには、足湯に浸かってリフレッシュできるスポットがあります。いい湯といい景色に癒やされる旅の小休憩スポットも要チェックです。

cu―mo箱根

かまぼこの里に戻ってお得なチケットをゲットしよう!

かまぼこの里に戻り、忘れてはならないのがお得なお買い物券との引き換えです。ご利用に条件は設けておらず、当日でもご利用いただけます。お申し込み時にお立ち寄りいただく総合案内で、簡単なアンケートに答えていただくとチケットをゲットすることができますので、お気軽にご利用ください。

カフェコーナーで使うも良し、お土産用に使うも良し、次回また遊びにいらした時にお使いいただくのもお客様の自由!

引退した登山鉄道車両で喫食ができる「CAFÉ107」で乾いた喉を潤し、旅を締めくくるのもいいですね。

この記事を書いた人

吉川 奈穂

仕事も旅行も全力投球!そんなわがままを叶えた観光事業部唯一の営業女子。旅行を通じて地域の良さ、鈴廣の魅力をお伝えしていくのが私の仕事です!小田原・箱根へ遊びに来てもらえた時にお役に立てる観光情報やおすすめの過ごし方をご紹介していきます。

こちらの記事もおすすめ

Categories