• HOME > 季刊誌「如(ごとし)」のご紹介

季刊誌「如(ごとし)」のご紹介

如(ごとし)という言葉には、さまざまな意味があるようです。鈴廣では季節毎の季刊誌として年4回発行しております。「巻頭メッセージ」をはじめ、小田原に関係の深い方々のお話「小田原にんげん紀行」、食文化史研究家永山久夫氏による古い時代の食に関するお話「江戸時代の食風景」など、盛り沢山の内容です。鈴廣の各店舗にてご用意しておりますので、どうぞお楽しみくださいませ。

如倶楽部にご入会いただきますと
季刊誌「如」をご自宅にお届けいたします。

季刊誌「如」

季刊誌「如」第77号(春号)

小田原からのメッセージ(32)

富士山の世界遺産登録に思う

日本食記

祝い魚として親しまれてきた ホウボウ

かまぼこ簡単クッキング

あげかまピザ

小田原にんげん紀行 文・祖父江一郎

斬新な作風で箱根寄木細工に新分野を拓く

露木 清勝さん

トーク&とーく

世界一ソムリエが、風土とフードの環境問題を語る

ソムリエ 田崎 真也さん

江戸時代の食風景 文・永山久夫

江戸っ子好みの卵ぶっかけ飯

小田原の味、お届けします

・伊豆天城産の本わさびを添えて、極上の”板わさ”を

・代官山から”フィッシュケーキ”。新感覚の美味しさです。

ふれあいTOPICS

・童謡フェスティバル開催

・『小さな美術展』作品募集

・如倶楽部イベント:陶芸体験

ちいさな美術展

ギャラリー上田賞 三森 優衣さん 『未来へ』 

季刊誌「如」

バックナンバー